ツアー関連情報

チベットの気候とシーズン

 
夏のヤムドク湖夏のヤムドク湖
冬のヤムドク湖冬のヤムドク湖


チベットには日本と同様に四季があります。また、ネパールと同様にモンスーンの影響を受け、6月下旬〜9月上旬の雨期と、9月中旬〜6月中旬の乾季に大別されます。雨期に年間降水量のほとんどが降り、乾期は雨や雪が少なく、猛烈に乾燥します。標高が高いため「1日の中に四季がある」といわれるほど、昼夜の寒暖の差が極端に大きくなります。また、紫外線は一年中強烈です。

チベットは季節ごとにそれぞれの魅力があり、1年中がシーズンと言ってもよいでしょう。ご旅行の目的に合わせ時期を選びましょう。

以下は主にラサ周辺についての解説です。

春(3月後半〜6月前半)
徐々に暖かくなり、寒さも和らぎ、雨も少ない旅行に適したシーズン。それでも朝夕は防寒具必携。


夏(6月後半〜9月上旬)
雨期で朝夕はスコールのように雨が降ることが多いが、終日雨が降っていることは稀。空には雲がかかり、雪山の展望は期待できない。日中はTシャツで過ごせるほどだが、雨が降ると気温が一気に下がり、フリースなどの防寒具が必要。雨具は必携。草原は美しい緑に色づき、各地で祭が開かれる。観光客、巡礼者とも多くラサが最もにぎやかな季節。

夏のチベットを訪れるべき3つの理由


秋(9月中旬〜10月)
雨期が終わり、チベットらしい青い空が戻ってくるが、日に日に気温が下がってくる。祭や行事もなく、観光客が少ない、一年で一番のんびりする季節。


冬(11月〜3月前半)
夜の気温は氷点下に下がるが、日中は日差しが強烈でそれほど寒くはない。雨や雪はほとんど降らず、乾期の中でも極端に乾燥する。晴天率が高いのでチベットらしい青い空が広がり、エベレストなどの雪山を見に行くには良い時期。農閑期なので、ラサでは出稼ぎの労働者と入れ替わりに巡礼者がひしめく、最もチベットらしさを味わえる隠れたベスト・シーズン。

魅力あふれる 冬のチベット


各地の気温と降水量

チベット各地の気温

クリックで拡大します