つむじかぜ 626号 キルギスで 目の覚めるような絶景に出会う! 号

つむじかぜ626号



キルギスで
目の覚めるような絶景に出会う! 号

【お詫び】昨日お送りしましたメルマガの内容・リンク先に間違いがあり、このページが表示できない状態となっていました。訂正して再送させていただきます。大変申し訳ございませんでした。



特集16月、7月はベストシーズンのキルギスへ



テンシャンモミに囲まれた瑞々しい渓谷と緑の草原とお花畑、そして万年雪を抱いた天山山脈と美しき高原湖。“シルクロードのスイス”とも称されるキルギスの豊かな大自然の中を3泊4日でキャンプトレッキング! まだまだ日本にはあまり知られおらず、トレッカーが少ないのも魅力です!


6/23発は催行決定! 7/14発はもうすぐ催行人員に達します!

知られざる高原湖から温泉へ

天山山脈展望! キルギス・キャンプトレッキング 9日間

4名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/09(金) ¥408,000 東京・大阪・名古屋・福岡 催行決定
キルギス東部の天山山脈に抱かれた美しき谷と湖と峠を舞台に、3泊4日のキャンプトレッキングを楽しみます。高山植物を愛で、秘湯につかり、最後はイシククル湖畔のリゾートへ!

詳細を見る

夏がベストシーズン! キルギスツアー一覧はこちら!

特集28月のモンゴルご予約はお早めに! 航空残席なくなってきてます!



8/5発 あなたのお申し込みで催行人員到達!

自然を愛で乗馬を楽しむ

森と川と草原の騎馬トレックキャラバン8日間

2名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/07/13(土) ¥408,000 東京 募集中
2019/08/03(土) ¥428,000 東京 もうすぐ催行決定
2019/08/10(土) ¥428,000 東京 もうすぐ催行決定
2019/08/18(日) ¥418,000 東京、大阪 2名催行
2019/09/07(土) ¥408,000 東京 もうすぐ催行決定
森と川と草原が織り成す自然豊かなエリアで乗馬を楽しみます。上級者限定の2泊3日のテント泊キャラバンツアーです。

詳細を見る

8/12発 今年も大人気! 催行人員到達!

8/23発 催行人員到達! ぜひお子様もご一緒に!

星空解説員と行く「ほしのいえ」

モンゴルの大草原で星空観察5日間

8名催行日本語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/31(土) ¥248,000 東京 催行人員到達
風の旅行社直営キャンプ「ほしのいえ」で星空解説員のレクチャーとともに満天の星空を楽しみます。昼は乗馬体験や星空撮影教室も!

詳細を見る


ご検討はお早めに! モンゴルツアー一覧はこちら!

特選!風カルチャークラブ情報


初夏の爽やかな気候のなか、講座や旅をお楽しみください。ご参加お待ちしております!


【講座】



5/20(土)

地元在住・政所名積さんが案内する

里山の昆虫観察

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/05/12 ¥4,860 終了
2019/06/29 ¥4,860 募集中
2019/07/06 ¥4,860 募集中

詳細を見る



5/21(日)



5/28(日)

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/05/19 ¥9,720 終了

詳細を見る



【ツアー】



7/15(土)発 募集開始



 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧


今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【風の鳥日和】
【添乗報告記】 渡り鳥の楽園 春の飛島 3日間
珍鳥、珍鳥、珍鳥!

【なにわ日記】
ホーショールをピクニックランチに!
モンゴルのお弁当メニューの定番♪

【東京スタッフブログ】
まだまだ続くよ海外サイクリングツアー
自転車だから楽しめる景色があるんです

【なにわ日記】
ハービスにロードバイクのサイクルショップ登場
プロショップに立ち寄ると夢が広がるんですよね…。





お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


気軽に体験!ネパールではじめての海外トレッキング・ハイキング
「いつかは海外でも山登りしてみたい!」という方におすすめの初心者むけのイベントです。ネパールの代表料理も楽しみながら、ネパールの魅力をご紹介。アウトドアメーカーmont-bellさんにもご協力頂き、ネパールトレッキングに必要な用具や服装のアドバイスもお話いただく予定です。


  • 日 時:6/3(土)13:00~15:00
  • 会 場:SNOW LION(大阪・本町)
  • 参加費:1,300円(ネパール料理・食事代)
  • 内 容:ネパール料理を食べながらの初心者向けハイキング・トレッキングコースの紹介


モンゴル・草原サイクリングの魅力
今夏(8月)に予定している海外自転車ツアーをツアーに同行する風カルチャークラブの自転車講座の講師・丹羽隆志さんの素晴らしい写真と臨場感あふれる語りで紹介します。


  • 日 時:6/7(水)19:00~20:30
  • 会 場:ゆたか倶楽部 B1F (東京・神田)
  • 内 容:夏のモンゴル自転車ツアーのスライド&トークショー


草原乗馬を詳しく解説! 夏のモンゴルツアー説明会
思い描く青い大草原のシーズンは? どんな服装がいいの? 乗馬なんてしたことがないけど出来るの? などなど、皆さんの知りたい情報を写真とともにお話します。少人数の説明会ならではの質問コーナーで旅の悩みもスッキリ!


  • 日 時:6/17(土)  11:00~12:00
  • 会 場:風の旅行社東京本社 旅のセミナールーム(東京・中野)
  • 内 容:夏のモンゴル旅行の実際と弊社ツアーの特徴をご案内します。


ツアー同行講師・西村幹也が語る
-タイガとバヤンウルギー ツアーの準備と実際-

20年以上に亘ってモンゴル各地を旅した西村氏が、現地での旅の実際や注意点、必要な装備などを具体的にお話しいたします。現地で撮影した珍しい写真もお楽しみいただけます。


  • 日 時:7/8(土) 10:00~12:30
  • 会 場:風の旅行社東京本社 旅のセミナールーム(東京・中野)
  • 内 容:西村氏が同行する、2017年9月のツアー2本をご紹介する説明会。


外部イベント


ウズベキスタン国立サーカス
ウズベキスタンから11名のアーティストが来日。バランス芸「ハイワイヤー」や「スウィングロープ」など、迫力の演技と幻想的なダンスで魅せる。

  • 日 時:開催中~6/18(日) ※火曜休演
  • 会 場:野外民族博物館 リトルワールド(愛知・犬山)
  • 入場料:大人1,700円


角幡唯介トークイベント
「探検すること、取材すること、文章を書くこと」

探検家、ノンフィクション作家の角幡唯介さんが、これまでの探検、取材、執筆などで印象的だったこと、思うところなどをじっくりと語る。

  • 日 時:5/21日(日) 14:00~
  • 会 場:新宿歴史博物館講堂(東京・新宿)
  • 入場料:2,000円


Classical Instrumental Beats・My happiness
カトマンズ生まれのシタール奏者・スシュマ小俣、タブラ奏者・逆瀬川健治によるインド古典音楽の夕べ。

  • 日 時:5/26(金) 19:00~
  • 会 場:東京文化会館小ホール(東京・上野)
  • 入場料:前売り3,000円、当日3,500円







風の向くまま・気の向くまま ―第四百五十話―

 

代表取締役 原 優二


●ビートたけし


今、浅草は外国人観光客で大変な活気である。それにつられてか、日本人も浅草を訪れる人が増えているようだ。しかし、浅草に行っても、さて何をするのかと考えたら、浅草寺と仲見世くらいしか出てこない。せいぜい「花やしき」に行ってみるか、スカイツリーと組み合わせるかくらいになってしまう。

そんな浅草は、かつては東京の文化発祥の地として活況を呈した。国際劇場や松竹演芸ホール、さらにはロック座、フランス座などのストリップ劇場がひしめき、踊りや漫才、落語、コントなどで多くの芸人がこの浅草から生まれた。渥美清、東八郎、萩本欽一、ビートたけしらもこの浅草から育っていった。

先日、ビートたけしが、フランス座のエレベーター係から芸人の道に入ったその軌跡を描いた『浅草キッド』を読んだ。如何にもビートたけしらしく、とにかく描かれている内容は、滅茶苦茶な出来事の連続だが、シリアスさをあまり感じさせない作風のせいか意外にすんなりと読めてしまう。

師匠の深見千三郎とのやり取りは、それ自体がギャグでつい笑ってしまう。深見千三郎が「芸人が芸で笑わせないでどうする」と、ビートたけしたち若い芸人を叱り飛ばす場面があるが、ドタバタして笑わせるようなのは芸じゃないということがさらっと描かれている。深見千三郎が、引退してから女房とも死に別れ、挙句は、マンションの自室で火事をおこして焼死してしまう話は、浅草の衰退とオーバーラップしてなんとも物悲しい。

ビートたけしは、この他にも、本を何冊か出している。『菊次郎とさき』では、両親のことを描いた。続けてこれも読んでみた。ビートたけしは、団塊の世代で私より9歳年上であり、足立区の梅島育ちという点で世代の共有感はないが、多少なりとも親近感が沸いてくる。私は、大学を出て6年間、足立区の西新井に住んでいたから、なんとなく雰囲気が分かるのだ。

ビートたけしの父、菊次郎は「ペンキ屋」を生業とし、しらふではまじめで気の弱い人間だが、酒を飲むと気が大きくなってしまうという職人の典型のような人間だったようだ。職人は、最近でこそ尊敬されたりもするが、昔は、社会的には評価が低く、手間賃も安く貧乏を絵にかいたような生活だったにちがいない。

しかし、ビートたけしは教育熱心な母親、さきの手で、大切にとは言わないが、どこか、結果として「ひとかどの人間になりたい」という強い意志を持ち続ける人間として育てられた。母、さきとの「勝負」も驚きの連続である。

ビートたけしは、フランス座での下積み時代も決して辛くはなかったと書いている。苦労話もビートたけしにかかればギャグになる。いやはや面白い。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼5月18日(木) 26時00分~27時00分 BS11イレブン
世界のベストマーケット 「食料とシルクのマーケット ~ウズベキスタン~」
2000年前から交易や商売が行われ、シルクロードの重要な停留所となっていた、ウズベキスタンの首都・タシケントのマーケット「チョルス市場」を紹介します。


▼5月21日(日) 27時00分~27時20分 NHKBS1
美しき世界の山々「ギアナ高地(ベネズエラ)、パタゴニア(チリ)」
地球最後の秘境、南米ギアナ高地、最大級のテーブルマウンテンを横断、世界最大落差の滝をめざす。パタゴニアのパイネ山群では嵐の大地と呼ばれる厳しい自然を紹介する。


▼5月23日(火) 27時00分~28時00分 NHKBSプレミアム
カリブ海 魅惑の大自然 – ベリーズ –
カリブ海に面するベリーズには全長300キロに及ぶ大西洋最大のサンゴ礁が広がる。ベリーズの美しいサンゴの海をお届けする。



編集後記



大好評シリーズ 動物ふれあいウォッチング


ネパールの弊社系列ホテル「風ダルバール」が建っているのは、首都カトマンズの「カマルポカリ」という所。日本語で「蓮池」という地名が表すとおり、ホテルから数分のところにサッカー場くらいの池があります。

蓮の花が全滅してしまった現在、カマルポカリで幅を利かせているのが彼ら。



餌はポップコーン

餌を撒くと大量のナマズが「わさーっ!」っと寄ってきます。まるで日本のコイのようですが、特徴的な口ヒゲが見え隠れして、正直ちょっと気持ち悪い…。

ちなみにネパール人も魚(もちろん淡水魚)を食べますが、この池の魚は獲ってはいけない事になっているそうです。日本では、減ってしまったウナギの代わりにナマズを使おうという動きもあるようですが、残念ながら風ダルバールで蒲焼きをご提供できる日が来ることはなさそうですね。

(かわかみ)




※次号627号は5月25日頃の配信予定です
——————————
 
■つむじかぜ626号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2017年5月18日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2017 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)