つむじかぜ917号 風の公式LINE始めます! 読者限定! 先行登録開始♪ 号

つむじかぜ917号


風の公式LINE始めます!
読者限定! 先行登録開始♪ 号

4月より、風の旅行社公式LINEを始めることになりました。それに先駆け「つむじかぜ」読者限定で友だち先行登録を募集開始いたします!

公式LINEでは、毎週Eメールでお届けしている「つむじかぜ」をLINEより配信。さらに、随時配信にて人気ツアーの募集開始や催行状況、そしてそして、LINEならではのお得なキャンペーン実施を計画中です。


▲画像クリックで登録画面へ移動します

★風の旅行社公式LINEへメッセージを送ろう!★

3/31までの期間限定で、LINEからの直接メッセージ(チャット)をお受けいたします。風の旅行社公式LINEで扱ってほしい話題や、こんなキャンペーンが嬉しい! といったご意見をお送りください。

※個別のご旅行相談やお問い合わせにつきましては、弊社お問合せフォーム等へご連絡ください。


特集1 海外自転車ツアー この夏モンゴルやチベットでサイクリングはいかが?

風の旅行社と言えば、モンゴル乗馬やネパールのヒマラヤトレッキングのイメージが強いと思いますが、実は海外での自転車ツアーもサイクリングガイドの丹羽隆志さんとタッグを組んで長年手掛けているのです。

今年は、8月には毎年好評のモンゴル自転車ツアーが、9月にはチベットのラサからネパールのカトマンズまでヒマラヤを自転車で越えるツアーを企画しています。「私でも行けますか?」という質問をよく頂くので、4月16日にモンゴル人自転車ガイドが同行する日帰りツアーを企画しました。

「百聞は一見に如かず」ガイドの丹羽さん、ガイドのゾルと一緒に走ってツアーの実際を聞いてみましょう。グッと海外自転車が身近になること間違いありません。



★New! モンゴル人ガイドのゾルが同行

【風の旅行社・NCTコラボ企画:Eバイク らくらくサイクリング】

モンゴルのガイド・ゾルと走ろう(^-^) 埼玉県小川町・新緑と里の花巡り

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
04/16(日) ¥10,900 埼玉県小川町 終了
埼玉県小川町は広い関東平野が終わり、少しずつ丘陵地になり、そして秩父の山岳地帯へと移行するエリア。つまり変化に富んだ地形がそこに凝縮されています。のどかな山里の谷合いには田畑が広がり、日本の有機農業発祥の地のひとつとして知られています。里の新緑や花々を巡りつつ、美味しいものを探しましょう。 これまでモンゴル自転車ツアーで現地ガイドを務めてきたモンゴル人のゾル(今年のツアーも同行予定)も同行します。 8月に予定しているモンゴルの自転車ツアーにご興味ある方も、まずは一緒に走ってみませんか?

詳細を見る



★好評募集中

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2023/08/26(土) ¥397,000 東京 要問合せ
自転車と馬の両方でモンゴルの草原を味わえる、お得なツアーです。しかも長く休みがとれない人にも参加できるように6日間とコンパクトな日程にしました。

詳細を見る



★企画準備中・詳細は5月以降発表

チョモランマ大展望&5000mの峠越え (eバイクレンタルも可能!)

チベットからネパール国境へ ヒマラヤ越えサイクリング15日間

8名催行日本語/英語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2024/09/18(水)予定 ¥900,000 要問合せ Eバイクもレンタル可能 2024年9月に再度計画中! 料金未定
世界の屋根ヒマラヤを車移動も交えつつ自転車で走るツアー。5000mを越える峠を越え乾燥したチベット高原から緑溢れるネパールを目指す15日間。eバイクレンタル可能になりました!

詳細を見る



★年末の企画も準備中

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2023/12/29(金) ¥387,000 東京・大阪・名古屋・福岡 満席・キャンセル待 5日間コース
2023/12/29(金) ¥467,000 東京・大阪・名古屋・福岡 終了 9日間コース ※延泊オプションとなります
日本の冬がベストシーズン、優しくて人懐こい村人との交流、ホテルの移動がないので楽、食べ物が美味しい!遺跡が素晴らしい!といった魅力がたっぷりです。

詳細を見る


特集2 初夏ツアーもピックアップ-其の五- 風カルチャークラブ

「東京湾岸あるき」や「水辺をめぐる小さな旅」の日帰り講座でお馴染みの眞鍋さん&鴇田さんが同行する、久しぶりの国内宿泊ツアー。

<日帰り講座>

★催行決定! 講座後の「生ワカメ1本」お持ち帰りも人気

海藻を浜辺で海から引き上げ塩蔵ワカメ作りを、地元漁師の栗山義幸さんに教えていただきます。ワカメ丸ごと1本の大きさを実感した後、海辺でワカメしゃぶしゃぶをいただき、生ワカメ1本はおみやげに持ち帰り。安浦の埋立ての歴史もたどります。
出発日設定 2024/04/06(土) 募集中
ご旅行代金12,650円
出発地京浜急行線 県立大駅 集合・解散

詳細を見る

★残席あり! 新・関八州-日帰りの山

出発日設定 2023/3/25(土) 終了
ご旅行代金5,940円
出発地東京都西多摩郡

詳細を見る

★残席僅か! 奇跡の島弧(アイランドアーク)日本列島 地質学の旅

田中宙先生と歩いて学ぶ地質学の日帰り旅 今回は琵琶湖の南東部。滋賀県のシンボル「近江富士」-周囲の山々とは異なる見事な円錐状の山容。その形成史を紐解きながら歩きます。山頂からは琵琶湖が一望。
出発日設定 2023/03/25(土) 終了
ご旅行代金6,930円
出発地滋賀県野洲市(JR 琵琶湖線 野洲駅集合・解散)

詳細を見る

★《オンライン連続講座》川﨑一洋さんの仏教美術講座

ネパール・チベットなどの仏教美術・儀礼を研究テーマとする講師が、個性的な仏たちの姿に秘められた深い意味を、アジア各地に伝わる仏像や仏画などを紹介しながら解説。また曼荼羅の読み解き方も説明します。(全6回)
出発日設定2023/04/15(土)~全6回
ご旅行代金3,300円~18,000円
出発地オンライン

詳細を見る


<国内ツアー>

★募集中! 眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと行く

眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと行く

[終了]【新企画】福島のローカル鉄道で飯坂温泉を行く2日間

6名催行添乗員

講師同行で、長年の現地フィールドワークに裏打ちされた詳しい解説 共同浴場や温泉場歩きの他、地元の観光協会も訪問しお話しをうかがいます ラジウム玉子、円盤餃子、飯坂ラーメンなど地元で愛されるローカルフードもお楽しみ
出発日設定 2023/05/27(土) 終了
ご旅行代金48,700円
出発地福島県・福島市

詳細を見る


特集3 【外部イベント】風の中央アジア 〜文明の交差点・シルクロードを巡る旅

オンラインでもリアルツアーでも、現地(人)とつながる旅を。
「風の旅行社」と「世界仮想旅行社」の2社が、この度、新たなオンラインツアーシリーズを共同開催!

「モンゴル」「モロッコ」に続き、夢のコラボシリーズ第三弾。かつて、ラクダを引き連れたキャラバン(隊商)が長い長い旅をした「中央アジア・シルクロード」より、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンの三カ国のハイライトをご紹介します!

※当日ご都合がつくか不安な方も安心! イベント後に見逃し配信視聴URLをお送りします。

  • 日時:2023年4月14日(金) 20:00~21:30
  • 場所:オンライン開催(Zoom)
  • 費用:無料


《風の縁shop》軽やかなレモンイエローを差し色に! カンボジアの手織りクロマー

桜も関東方面は満開のようで、すっかり春ですね。日中は汗ばむ陽気でも、朝夕は少し肌寒いのはこの時期の特徴です。そんな時にコットン100%の手織りクロマ―はとっても便利です。

レモンイエローの途中から、グレーのピッチ(幅)に変えて織っていますので、巻いた際に左右違ったニュアンスが楽しめます。全長190cmと長さがありますが、薄手ですので首元に2重に巻いてもすっきり見せることができます。

自宅で洗濯できるのも魅力。この春にぜひ1枚いかがですか?


カンボジアの手織りクロマー


風の向くまま・気の向くまま ―第七百四十一話―

代表取締役 原 優二


ヒマラヤを堪能中


昨日に引き続き、朝4時30分に起床。国内線ターミナルから6時15分に飛ぶマウンテンフライトに挑戦した。挑戦というとなんだか大袈裟だが、昨日も同じように早朝に起きてトライし、ゲート前で待つこと30分。曇天のためフライトはキャンセルとなった。今日こそは、とツアー参加者のみなさんと意気込んだ。

マウンテンフライトとは、カトマンズのトリブバン空港からサガルマータ(エベレスト)を見に行く遊覧飛行のことだ。もちろん、サガルマータだけではなく、ランタンリルン以東のヒマラヤを望むことができる。他に見られる主な山を挙げると、シシャパンマ、ドルジェラクパ、ガウリシャンカール、チョーオユー、ヌプツェ、ローツェ、マカルーなどだ。サガルマータまで行って引き返す。往復約60分。だが天候次第。雲がかかってヒマラヤが見えなければ飛ばない。

とにかく、マウンテンフライトは何の説明もないまま2時間近く待たされ、挙句の果てにキャンセルということがしばしばある。だから何時も待つことをある程度覚悟して臨む。キャンセルは天候に左右されるから仕方ないが、なんの説明もなく長時間待たされるのは勘弁してもらいたい。今回は、そういう意味ではラッキーであった。

今回のツアーは、マウンテンフライトに3回挑めるように日程を組んだ。できることなら1回目、少なくとも2回目に飛んで欲しい。3回も朝の4時半に起きるのは避けたい。期待は叶い、しかもほぼオンタイム。トリブバン空港は一面曇りだったから、あまり見えないかもしれないと半分諦め気味だったが、雲が低くて離陸後すぐに雲海の上に出たから、白い雲をバックに碧みを帯びた灰色の山肌に白い雪を頂いたヒマラヤを一望することができた。もちろんサガルマータもバッチリ見えた。コロナで溜まったモヤモヤが吹き飛んだようだ。

今回は、「つきのいえで」2泊、「はなのいえ」でも2泊する。全行程9日間といつもより長い。しかし、このゆったり感がとてもいい。参加者の皆さんからも、このゆったりしたスケジュールがいい、とお褒めをいだいた。ツアー代金をなるべく抑え参加し易くするために、つき、はな、1泊ずつというコースが主だが、やっぱり忙しないツアーになってしまう。ツアーは時間設計。効率を追い求め詰め込みがちになってはいなかったかと反省した。

また、このツアーは、NEPAL KAZE TRAVEL(NKT) 設立30周年記念ツアーということで、観光も少し工夫してみた。NKTのベテランスタッフ・スレシュは、パタンのゴールデンテンプルを守るコミュニティ、いわば檀家で、昨年、2人の息子をバパツァ(寺院を守る僧)としてゴールデンテンプルに1か月間入れた。そのバパツァを支えるため、家族もゴールデンテンプルに寝泊まりしなければならず、早朝3時に起きてはプジャ(祈りの儀式)などの務めを果たした。バパツァは肉食を断ち石鹸も使えず着替えも許されない。

丁度、今回、訪れた日も2人のバパツァが仏様を安置したお堂内に入り般若心経の経典を納めるところだった。下の子は、5歳くらい。よく1か月もそんなことができるものだとただただ驚愕してしまう。スレシュ曰く、始めの1週間は辛いが、最後に愉しくなってきて止めたくなくなるという。そういうものだろうか。繰り返しはつまらないとおっしゃる方もいるが、繰り返しは、一種の快感に繋がる。檀家の間で約50年に1度順番が回って来て、途切れることなく1,200年以上続いているそうだ。これまた驚きである。

そこで、ゴールデンテンプルのボジャチャーリ(お坊さん)に話を聴かせてもらうようスレシュに頼んだ。45分ほどのお話だったが大変興味深かった。ここの檀家は7~9歳で1週間お寺に入り、上座部仏教を学び、後々は大乗仏教を、最期に密教を学ぶのだそうだ。日本では檀家が修行をするという話は聞かないが、どうなのだろうか。また、上座部仏教と大乗仏教を対立的に考えがちだが、ネパールでは融合している。日本でも、天台宗や真言宗はそうだったように思うが、情けないことに勉強不足で分からない。

ツアーは、今日で6日目だ。はなのいえでもう1泊してカトマンズに戻る。最後にヒマラヤを再度、堪能したい。

≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧




いつかの記事を発掘! 旅心くすぐる情報満載

3/22はイスラーム暦の新年を祝うナウルズでした♪ カザフ人の皆さんあけましておめでとうございます!



お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼3月26日(日)09:40〜09:55 NHKBS1 【ネパール】
地球タクシー 15min.ドライブ「カトマンズを走る 若者たちの本音」
ドライバーとの対話と車窓からの風景で世界の街を感じる、一風変わった紀行ドキュメント。
▼3月26日(日)23:00〜23:30 NHKEテレ 【地球儀】
美の壷「ロマン広がる 地球儀」
ロマンあふれる球体模型の「地球儀」。奥深い魅力に迫る。
▼3月27日(月)23:50〜00:50 NHK総合1【きのこの世界】
ワイルドライフ「日本列島 きのこの森の小宇宙」
植物でも動物でもなく菌類であるきのこ。きのこはいったい何者なのか?
▼3月28日(火)03:00〜04:00 NHKBSプレミアム【中国・黄河】
空旅中国「黄河を飛ぶ」
チベット高原の源流、ヤクやオオカミなど野生動物の楽園、黄河を横切る万里の長城などの絶景を紹介。
▼3月28日(火)20:00〜20:54 BS日テレ【仏像など】
ぶらぶら美術・博物館 #432国宝・重文ずらり!東京国立博物館 特別展「東福寺」
京都・東福寺の寺宝を一挙公開!吉山明兆「五百羅漢図」&大伽藍を飾る巨大仏像

※次号918号は2023年3月30日頃の配信予定です

——————————

■つむじかぜ917号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社
送信日:2023年3月23日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 

つむじかぜバックナンバー

 

Copyright(C) 2002-2023 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)