手しごとの美しさ

日本の手しごと、ブータンの手しごと 左:こちらは/右上:出西窯の海鼠釉(なまこゆう)のお皿
右下:出西織のテーブルセンター

染色や織物、刺繍に陶芸。旅先でふと、その土地の生活に根ざした“手しごと”に心を奪われることがありますよね。
いわゆる「民藝」の器を少しづつ買い集めるようになったのは、島根県は出西窯の器(写真右上)と出会ったのがきっかけ。同じく出西織(写真右下)も、地元の綿を紡ぎ、天然の藍で染め、手織りしたもの。どちらも盛ったものや置いたものを引き立てる何気ない美しさ、手に持つとしっくりくる感じに心を打たれました。


所変わって、左側の写真は、東ブータンはラディ村。野生の蚕、染料はラックカイガラムシ、ウコン、藍、茜など天然の素材・染料を使い自宅で染め、非常に細かな模様を編みこんだ布を織っています。なんだか、日本の織物と雰囲気が似ていませんか?


安くて品質の良いものが手軽に手に入る昨今で、それはそれで喜ばしいことなのですが、旅に出たときには、その土地の手しごとのものに視線を向けみてはどうでしょうか?


その土地の手しごとに触れる旅

照葉樹林のめぐみが残る

[モデルプラン]東ブータン・ホームステイと伝統の手仕事探訪10日間

出発日設定2018/12/15(土)
ご旅行代金368,000円
出発地東京

関連よみもの

定番から意外なヒット作まで ブータンの「キラッ」と光る おすすめお土産10選




【風女子ときめき旅話】バックナンバーはこちら