ジョージアワインを飲むときは

ジョージアワイン赤(左)と白(右)

ジョージアワイン赤(左)と白(右)


ジョージアはワイン発祥の地といわれています。隣国、アルメニアやアゼルバイジャン、そしてトルコも発祥地を主張をしていてまだその論争は終わっていないようですが、ジョージアはその有力候補国のひとつであることは間違いありません。
ジョージアでは、伝統的なクヴェヴリと呼ばれる地中に埋めた素焼きの壷の中にで潰したぶどうを入れて発酵・熟成させます。そのワイン製法は2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。そして、その壷は、シロチャという村で作られたものがいいと言われているそうですが、下の写真は、そのシロチャ村の素焼きの御碗ピアラです。ワインのティスティングに使っているワイナリーもあります。グラスで飲むのもおしゃれですが、素焼きの味わいもなかなかです。一度いかがですか?ちなみに右の御碗に描かれているのはジョージア文字です。
シロチャ村産の素焼きの御碗(ピアラ)

シロチャ村産の素焼きの御碗(ピアラ)

ワイン、食べ物そして音楽も楽しむ

おいしいジョージア7日間/8日間

3名催行日本語ガイド早割

ワイン造り発祥の地であるジョージアのワインと、地中海と中近東の交差で培われた味の交易路の食事を満喫する7日間です。民家での伝統的な宴会「スプラ」やワイン農家の見学など食文化体験コースです。
出発日設定2020/03/13(金)
ご旅行代金389,000円
出発地東京、大阪・名古屋

詳細を見る