ツアー関連情報

穏やかな時間が流れるビスクリ村

 
緑豊な田園地帯にひっそりと佇むビスクリ村
緑豊な田園地帯にひっそりと佇むビスクリ村。中世の時代から殆ど変らぬ姿で時を刻んできた

トランシルヴァニア地方には多くの村がありますが、その中でも「雰囲気が良い、景観が良い、面白い、素敵な宿泊施設がある」と4拍子揃っているのがビスクリ村です。イギリス王室のチャールズ皇太子もここを気に入り別荘を購入した事も有名で、世界のセレブリティをも魅了する程の魅力があるのです。日本人に限らず団体が宿泊できるスペースが無いので、観光地のような騒がしさも皆無で中世の時代から変らぬゆっくりとした時間が流れています。そんなビスクリ村の魅力をお伝えしたいと思います。

ビスクリ村の朝は大渋滞!



静かなビスクリ村ですが朝はメインストリートの大渋滞から始まります。”渋滞”と聞くと車が連なりクラクションの喧騒を思い浮かべてしまいますが、ここビスクリ村の渋滞を引き起こす主は車ではなく牛や山羊といった家畜達でクラクションが鳴き声に代わります。主な産業が牧畜業でもあるこの村は毎日各家庭から家畜を牧草地へ放牧に出します。最初こそほんの数等の家畜だけですが、メインストリートを歩く毎に家畜たちが増え始め、最後は牛・山羊・羊・馬そして人で道を埋め尽くし大渋滞!タイミング悪く車が通りかかってしまうともうお手上げ状態!家畜達の喧騒と共に一団は牧草地へ旅立ち、こうしてビスクリ村の一日が始まっていくのでした。ちなみに、夕方も牧草地から戻ってきた家畜達で再び大渋滞なり、こちらも同じく見応えがあります。

現れた家畜たちも最初は少なめだったが、、、各家から出てくる家畜も最初は少なめだが、、、
時間と共に徐々に家畜が増え始める時間と共に徐々に家畜が増え始める


タイミング悪く車が通ろうしてもお手上げ状態!タイミング悪く車が通ろうしてもお手上げ状態!
最後は家畜達でごった返すメインストリート最後は家畜達でごった返すメインストリート



2つの隠れた絶景スポット



ビスクリ村には隠れた絶景スポットが2つあります。一つ目は村はずれのとある場所。宿の裏庭を通り小さい林を抜けると目の前に広大な緑の丘陵地が現れます。まるでスコットランドのような風景ですが、その丘陵地から後ろを振り返るとビスクリ村の全景を見ることが出来てこれがなかなかの絶景!ビスクリ村は一番高い場所に要塞教会が建っておりそこを取り囲むように村が造られています。時間帯によっては丘陵地に羊の群れを連れた羊飼いが通ったりするのでとても”絵”になります。とにかく見晴らしが良く、人が殆ど入ってこない場所なので、村の全景を眺めながらのんびり過ごすのも贅沢な時間になります。そして、もうひとつは要塞教会の見張り台。実は教会最上部にはかつて攻めてくる敵を見つける為の見張り台があり、そこへ上る事も出来ます。そこからはビスクリ村や周辺の景色を眺めることが出来き、ここからも絶景が楽しめます。要塞教会を訪れたら是非ここまで上って絶景を楽しみましょう!

_cD1ND8tl1DKA271527644041_1527644060林を抜け緑の丘陵地から眺めるビスクリ村は絶景
1時間によっては羊の群れが横切る事も


要塞教会の見張り台からの眺めも爽快要塞教会の見張り台からは村と丘陵地が見渡せる
どこを見渡しても一面緑の丘陵地が続くどこを見渡しても一面緑の丘陵地が続く



鍛冶屋のルイージ



ビスクリ村は牧畜業が盛んですが、村には鍛冶屋もあり製鉄を営む職人がいます。その殆どがジプシー族で、ビスクリ村の外れに集落があります。その中の一軒の鍛冶屋では村を訪れた観光客にも製鉄のデモンストレーションをしてくれます。まるでスーパーマリオブラザーズに出てくるルイージそっくりなので通称ルイージさん!そんな彼が鉄を溶かすところから始まり、打ち付けて鉄を形作るところまで一連の流れを見せてくれます。また、彼の奥さんが羊毛を材料にしたで靴を作っていて、カラフルな靴が並ぶ即席販売所もあります。ジプシー族の生活文化を垣間見れるのも興味深い体験です。

マリオブラザーズに出てくるルイージそっくりな鍛冶屋さんマリオブラザーズのルイージそっくりな鍛冶屋さん
熱して溶けた鉄をハンマーで叩いて形付ける熱して溶けた鉄をハンマーで叩いて形付ける


羊毛で作られたカラフルな靴羊毛で作られたカラフルな靴
ジプシー族の女性たちジプシー族の女性たち



馬車でGO!GO!



ここビスクリ村の唯一のアクティビティとして馬車があります。馬車と言っても観光地にあるそれではなく、村人が農作業で使う馬車に板1枚の椅子を載せただけの即席馬車ですが素朴なビスクリ村にはその方が似合います。馬車は約45分ほどの行程で丘陵地の丘の上にいる羊飼いの家を目指します。村の中を通った馬車はその後一面緑の丘陵地を走ります。ここからの眺めが素晴らしく、緑豊な牧草地とビスクリ村の全景が眺められます。上記で紹介した2つの絶景スポットとはまた違った角度からの眺めになります。丘陵地をいくつか越えた後、羊飼いの家に到着します。タイミングが合えばチーズ作りや羊追いなどを見ることが出来ます。馬車も良いのですが、ハイキングで同じルートをのんびり歩くのもとても面白いと思います

馬車馬車に乗って羊飼いの家にGO!
村を出るとそこはもう一面緑の放牧地村を出るとそこはもう一面緑の放牧地


小高い丘陵地からビスクリ村を望む小高い丘陵地からビスクリ村を望む
観光用の馬車でない方がここでは絵になる観光用の馬車でない方がここでは絵になる




チャールズの家



このビスクリ村はあの英国王室のチャールズ皇太子が購入した別荘があることでも有名です。素朴で美しいビスクリ村を気にいったチャールズ皇太子は18世紀に建てられた伝統的な家屋をそのまま買い取り、ほぼ毎年のようにお忍びで来村されては静かな田舎生活を楽しんでいるということです。世界的に有名なセレブリティの別荘だけにさぞかし目立つのかと思いきや、他の民家と普通に軒を並べていて、言われなければ外観からは全く分かりません。でも、そのひっそりとあるところがチャールズ皇太子も気に入ったのでしょうね。ちなみに、この別荘、チャールズ皇太子が滞在中以外は一般客も宿泊できちゃうそうです!風の旅行社としては別の宿をおススメしますが、ご興味がある人はこの「カサ・チャールズ(チャールズの家)」にもぜひ!

青い壁が印象的なチャールズの家青い壁が印象的なチャールズの家
外観だけ見る限り他の民家と何も変らない外観だけ見る限り他の民家と何も変らない




伝統的なペンション「ビスクリ125」



村での宿泊施設と言ってもここビスクリ村には素敵なペンションがあります。その名も「ビスクリ125」。住所の125番地がそのまま名前になっています(笑)。名前は単純ですが、宿自体はとても素敵です。建物は村の伝統的な造りで出来ていて、各部屋も伝統を活かしたシンプルだけどきれいな雰囲気、全く同じ部屋は存在せず、個性的な部屋になっています。ペンションと言ってもバストイレ付き、暖房も完備でお湯も出るのでとても快適。そして食事もとても美味しいと評判で、地産地消をモットーに自家製菜園で採れた野菜や地元のミルクや肉を使っての自家製チーズやハムなどを提供してくれます。特に朝食がとても素晴らしく、とても新鮮で美味しいパン、野菜、ハム類などついつい食べ過ぎてしまうほどです。風のルーマニアツアーではビスクリ村に宿泊する場合この「ビスクリ125」を優先的に利用しています。
※「ビスクリ125」が満室の場合は他のペンションになります。

村の伝統的な雰囲気を活かした個性的な部屋(一例)村の伝統的な雰囲気を活かした個性的な部屋(一例)
ペンションといっても部屋はとてもきれいで快適(一例)ペンションといっても部屋はとてもきれいで快適(一例)


建物自体も伝統的な造りで建てられている建物自体も伝統的な造りで建てられている
自家製の野菜、チーズ、ハムなどが並ぶ絶品の朝食(一例)自家製の野菜、チーズ、ハムなどが並ぶ絶品の朝食(一例)




関連ツアー

魅力いっぱいのビスクリ村を訪れるツアー

あの吸血鬼ドラキュラの居城のモデルになったブラン城 12/22(土)発 | 1/12(土)発 | 2/9(土)発 | 3/30(土)発 | 4/13(土)発 | 5/4(土)発 | 6/1(土)発 | 7/13(土)発 | 8/24(土)発 | 9/14(土)発 | 10/12(土)発
豊な自然と美しい街が織り成す国
ルーマニア 中世の街並みと要塞教会を巡る8日間/9日間


ドナウの真珠とも言われているハンガリーの首都ブタペストの夜景。ライトアップされ夜に浮かび上がる夜景とドナウの水面に煌く明かりの数々にうっとりとしてしまう。 12/29(土)発 | 2/9(土)発 | 3/16(土)発 | 3/30(土)発 | 5/18(土)発 | 6/29(土)発 | 9/7(土)発 | 10/12(土)発
陸路で国境を越える!ルーマニア&ハンガリー
中世の古都巡りとドナウの真珠ブタペストの街歩き9日間/10日間

関連よみもの

中世ヨーロッパの面影を色濃く残す魅惑の街・シギショアラ
トランシルヴァニア地方の村々に残る要塞教会群
ルーマニアに伝わるドラキュラ伝説
イスタンブールからブカレストは窓側がおススメ!
フォトジェニックなルーマニア~春のトランシルヴァニア編
フォトジェニックなルーマニア~春のマラムレシュ編
山岳リゾートに佇む ペレシュ城とシナイア僧院
鮮やかな色柄が溢れるメラ村
個性的な民族衣装のシック村
活気があふれるマラムレシュ地方のマーケット
サプンツァ村の世界で一番陽気な墓!?
フォトジェニックなルーマニア~秋のマラムレシュ編