10名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

【トランスヒマラヤロード 第1弾】貴州ミャオ族の祭も訪れる

香港・貴州・雲南 民族横断道13日間

  • 7日目:( 4/26発):祭となるとミャオ族の女性はこぞって着飾ります(姉妹飯)
  • 6日目:トン族の建築技術が生きる風雨橋(程陽)
  • 各地で名物料理や民族料理をご賞味下さい(写真は 6日目 ミャオ族の酸湯魚)
  • 11日目:元陽に市が立つ日は周辺の少数民族が集まってきます
  • 8日目:アジア最大という黄果樹の滝、滝の裏側を歩けます
  • 4日目:水墨画の世界・桂林の漓江遊覧も楽しみます
  • 4日目:1,000年の歴史を誇る古鎮・黄姚、中国の古い街のたたずまいが残ります
  • 11日目:元陽周辺の棚田は数百年かけて精魂かけて作られました(11月中旬撮影)
  • 11日目:多依樹からは棚田とハニ族の村が見下ろせます(11月中旬撮影)
  • 7日目:7/2発):龍の伝説が残る川で精悍なボートレースが繰り広げられます(龍船祭)
  • 9日目:円錐形の小山が木々のようににょきにょきと点在する万峰林

●少数民族が暮らす地域を横断します
最先端都市香港から中国に入国。そこから新幹線で一挙に石畳の残る古鎮へ。さらに西に進むと景勝地・桂林。そして、水墨画のような風景で知られる漓江遊覧や棚田ハイキング、水流の裏側を歩ける巨大な滝や円錐形の小山群、石の林などカルスト地形が作り出した様々な大自然の風景を楽しみながら、ヤオ族、トン族、ミャオ族、ハニ族など少数民族が暮らす山間部の村々を訪れます。6日目には、ミャオ族の祭を見学する日程になっています。移り変わる風景と民族探訪の旅です。
ツアーポイント
1. ミャオ族の3つの祭にあわせた日程です
2. 香港の歴史に触れる一方、中国では新幹線にも乗車します
3. 雑踏の桂林から離れ宿泊、でも漓江もポイントを絞って遊覧します
4. 中国南部の少数民族(トン族、ミャオ族など)の村々を訪ねます
5. 東洋最大の黄果樹の滝と中国国家地質公園・万峰林石林などのカルスト地形を訪れます
6. 元陽では世界遺産に登録されたハニ族の棚田や朝市を訪ねます

このツアーは割引サービスが適用されます。


トランスヒマラヤロード ルートマップ

トランスヒマラヤロード ルートマップ(2018)


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
香港
10:00~17:00:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。空路、乗り継いで香港へ。
16:00~24:00:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - / 機内
2香港終日:香港の歴史を俯瞰する歴史博物館、道教寺院、文武廟などの古い町並やちょっとディープな市場・男人街など香港を観光。
夕食は地元で人気の海鮮料理です。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3香港
広州
賀州(ヘージョウ)
黄姚(ホワンヤオ)古鎮
午前:鉄道で中国へ入国。広州で昼食(飲茶)後、高速鉄道で西へ。
午後:賀州で、車に乗り換えて黄姚古鎮へ。(走行=約60㎞、約1時間)
  宿泊●ゲストハウス泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4黄姚古鎮
興坪(シンピン)
午前:石畳の残る黄姚古鎮の古い街並を散策後、車で興坪へ。(走行=約130㎞、約2時間半)
午後:興坪から中国の20元紙幣に描かれた漓江下りの人気スポットを遊覧(約2時間)します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5興坪
龍勝(ロンシェン)
三江(サンジャン)
午前:車で中国でも有数の棚田を誇る龍勝へ。(走行=約180㎞、約3時間半)
午後:ロープウェイとハイキング(約2時間)で金坑大寨ヤオ族の棚田を観光。昼食は名物の竹筒飯。その後、車で三江へ。(走行=約70㎞、約1時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6三江
程陽(チェンヤン)
凱里(カイリー)
午前:車で程陽へ。トン族独特の建築物、風雨橋や鼓楼などのある風景を散策します。昼食はトン族の名物料理・なれ鮨などです。(走行=約20㎞、約30分)
午後:車で凱里へ。夕食は酸湯魚など貴州料理です。(走行=約300㎞、約5時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7凱里
施洞(シートン)
黄平(ホワンピン)
凱里
<4/26発:姉妹飯祭>午前:黔東南民族博物館見学。
午後:施洞へ。恋の相手を探すミャオ族の祭典を見学。
<7/2発:龍船祭>午前:黔東南民族博物館見学。
午後:施洞へ。竜退治伝説にちなむミャオ族の男達の祭りを見学。
<10//29発:芦笙祭>午前:革家人の麻塘村見学。
午後:黄平へ。芦笙を吹く男性、着飾った女性、ミャオ族の祭りを見学。
(走行=往復約100~200km、約2~4時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8凱里シュー)
黄果樹(ホワングォシュウ)
午前:車で出発。幅81m、高さ74mを誇る黄果樹大瀑布へ。(走行=約320km、約5時間半)
午後:アジア最大の黄果樹の大瀑布を観光します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9黄果樹
万峰林(ワンフェンリン)
羅平(ラーピン)
午前:車でカルスト地形が生み出した円錐系山群・万峰林へ。(走行=約200km、約3時間半)
午後:中国国家地質公園・万峰林/span>を散策します。その後、羅平へ。(走行=約100km、約2時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
10羅平
元陽(ユエンヤン)
終日:ハニ族の棚田が世界遺産に登録された元陽へ。(走行=420km、6時間)
元陽の周辺には、数百年もの時間をかけて育まれた棚田が広がっています。
夕食はハニ族の名物料理をお楽しみ下さい。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
11元陽
多依樹(トゥオイーシュー)
老虎嘴(ラオフィズィ)
元陽
早朝:世界遺産の棚田を望む多依樹で朝日を待ちます。天候に恵まれれば朝もやの中、幻想的な光景が現れます。
その後、近郊の少数民族が集う元陽または周辺のマーケットを訪れます。
午後:周辺に暮らすイ族やハニ族の村を訪れます。元陽への帰途、夕日の時間を狙って老虎嘴の棚田を訪れます。(合計走行=約80㎞、約4時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
12元陽
石林(シーリン)
昆明(クンミン)
早朝:再び多依樹の朝日を待った後、カルスト地形の石林へ。
午前:世界遺産・石林観光後、昆明へ。夕食は、過橋米線(かきょうべいせん)です。
23:00~10:00:空路乗り継いで帰国の途へ。(翌朝発の場合はホテル泊)
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
13
乗継地
東京・大阪・名古屋
10:30~21:30:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018/10/29(月) <芦笙祭見学>478,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/26(木) <姉妹飯祭見学>468,000円
2018/7/2(月) <龍船祭見学>478,000円
大阪発
2018/10/29(月) <芦笙祭見学>468,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/26(木) <姉妹飯祭見学>458,000円
2018/7/2(月) <龍船祭見学>468,000円
名古屋発
2018/10/29(月) <芦笙祭見学>478,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/26(木) <姉妹飯祭見学>468,000円
2018/7/2(月) <龍船祭見学>478,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●10名(定員16名)
添乗員●同行(出発地によっては乗継地または現地より同行)
利用予定航空会社●大韓航空、中国東方航空
利用予定ホテル●香港:ベストウエスタンプラス尖沙咀、ベストウエスタングランド、エンパイアホテルカオルーン 黄姚古鎮:遠方的家客桟、昭平印象黄姚客桟、朝陽閣客桟、悠然客桟(ゲストハウス) 興坪:静然山水酒店、水雲間田園酒店、江水雲軒酒店、麗然酒店 三江:雲鼎国際大酒店、風雨橋国際大酒店 凱裏:藤龍假日酒店、金冠酒店 黄果樹:黄果樹賓館、湘水芙蓉酒店 羅平:中源酒店、鑫源酒店 元陽または勝村:雲梯大酒店、雲梯順捷酒店、勝村雲梯大酒店 ※勝村は、周辺に棚田も多い、元陽から約15kmのところにある小さな村です 昆明:錦江大酒店、昆明飯店
お一人部屋追加代金●69,000円 ホテル・ゲストハウス泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線1,000~5,100円
(2017年11月1日)
※勝村は、周辺に棚田も多い、元陽から約15kmのところにある小さな村です

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○羽田空港諸税:2,670円(国際線)
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○韓国空港税:10,000ウォンX2回(約2,090円)
 ○中国出国税:90元(約1,580円)
 ○中国国内空港税:50元x2回(約1,740円)
※2017年11月1日現在

●旅券(パスポート)
中国:入国時に有効期間が6ヶ月以上残っている旅券(パスポート)が必要です

●査証(ビザ)
中国:観光目的で入国する場合、15日以内の滞在は査証不要

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求