ツアー関連情報

トランシルヴァニア地方の村々に残る要塞教会群

 
ビエルタン1
トランシルヴァニア地方の要塞教会群の中でも代表格のビエルタンの要塞教会。最も頑丈に造られた教会のひとつで保存状態が良いまま残されている

 現代から溯ること13世紀、この時代に多くのドイツ系やハンガリー系住民の移住が始まり、トランシルヴァニア地方には彼らの文化や建築様式を用いた村々が各所に築かれていきました。ただ、その当時のトランシルヴァニア地方は激動な時代でもあり、土着の遊牧民の攻撃やオスマントルコ軍の侵略などが3世紀に渡り繰り返されました。そんな攻撃からの防衛を強化するため、各教会の聖堂は見張り台の役目となり、その教会を中心に防壁や城塞が築かれ現在の要塞教会の姿になりました。
 これらの要塞教会群はトランシルヴァニア地方独自の建築物で、これらの要塞教会の殆どが世界遺産に登録されている。そんな世界遺産の要塞教会群の中でも特に有名な3つの教会をご紹介します。

3重の壁で守られた・ビエルタン要塞教会



 シギショアラ近郊のビエルタン村にある要塞教会。数ある教会の中でも最も頑丈に造られた教会のひとつで、高く分厚い城壁が3重になっていて3世紀に渡る攻撃を耐え抜いてきた理由がよく分かる。教会の見張り台からの眺めも良く、激動の中世とは全く違うのどかな村の風景が美しい。

ビエルタン2お城のように美しいが壁は頑丈で強固な建物
ビエルタン3教会の見張り台から眺める村の眺めが美しい



美しい田園風景の中に佇む・ビスクリ要塞教会



 シギショアラとブラショフの間のビスクリ村にある要塞教会。美しい田園風景に囲まれた村の小高い場所に位置し、白い壁が美しく保存状態も良い教会。ホールのような構造になっていて、ロマネスク様式のアーチや聖壇そして美術品などが残されている。英国王室のチャールズ皇太子のお気に入りの村としても知られており、中世の雰囲気がそのまま残されている

ビスクリ1状態も良く白い壁が美しいビスクリ村の要塞教会
ビスクリ2中世の雰囲気がそのまま残るビスクリ村


360度防壁で囲まれた・プレジュメル要塞教会



 ブラショフ近郊のプレジュメル村にある要塞教会。教会を中心に360度防壁で囲まれ、高さが12m、厚さが9mとかなり頑丈な造りになっています。防壁内部が3階建て250室の集合住宅になっていて、かつて外敵から攻撃をされた際も多くの村人を篭城させ村人を守った歴史がある。

プレジュメル1360度防壁で囲まれたプレジュメル村の教会
プレジュメル2厚い防壁の内部には250室もの部屋を備えていた


関連ツアー

トランシルヴァニア地方の要塞教会を訪れるツアー

あの吸血鬼ドラキュラの居城のモデルになったブラン城 4/29(日)発 | 5/26(土)発 | 6/23(土)発 | 7/7(土)発 | 7/28(土)発 | 8/11(土)発 | 9/8(土)発 | 9/22(土)発 | 10/6(土)発
中世ヨーロッパ物語の世界へ誘う 
ルーマニア 中世の街並みと要塞教会を巡る8日間

関連よみもの

中世ヨーロッパの面影を色濃く残す魅惑の街・シギショアラ
ルーマニアに伝わるドラキュラ伝説