チベット映画『巡礼の約束』が2月8日から公開! 主演はあの有名歌手だった!

2017年に「日本で初めてのチベット人監督による劇場公開作」として注目されたソンタルジャ監督の『草原の河』(レビュー記事:チベット人監督で初の劇場公開作品 映画『草原の河』が間もなく公開)から2年。ソンタルジャ監督の最新作『巡礼の約束』が2020年2月8日から東京の岩波ホールを皮切りに大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌など全国で順次公開されます。

<『巡礼の約束』ストーリー>

山あいの村で、夫のロルジェ、ロルジェの父と暮らすウォマ。病院である事実を告げられたウォマは、聖地ラサへの五体投地での巡礼旅に、一人で行くと決意する。半年以上もかかる巡礼の旅に、初めは反対していたロルジェだが、ウォマの固い決意にラサ巡礼を受け入れる。しかし妻の決意にはある秘密があった。旅に出た妻を追ってくる夫。そして妻の実家に預けられ、心を閉ざしていた前夫との息子もやってきた。後悔、嫉妬、わだかまりを抱えながらも、少しずつ結びついていく三人。しかし、そんなある日、ウォマがついに倒れてしまう…

<『巡礼の約束』レビュー>

試写を拝見させていただきました。前作『草原の河』に引き続き、美しい自然の景観の中、少ない登場人物で進んでいく骨太の物語です。無駄なセリフは一切ありません。
しかし、少ないセリフ、映像、音からは、監督の強い思いが伝わってきます。

ジョカン寺の前で五体投地をする人々 ジョカン寺の前で五体投地をする人々

監督のソンタルジャ氏は来日インタビューで「記号化されたチベットから、生身の感情を持つ人間を描こうとした」と語っています。つまり、我々がチベットのラサへ行けば必ず訪れる、チベットで一番神聖な寺・ジョカン寺(大昭寺)の前や、ジョカン寺を取り囲むバルコル街などで目にする、一心不乱に五体投地を繰り返す巡礼者たち。彼らは単なる写真の「被写体」や観光地を彩る「背景」などではなく、それぞれ違った時間を過ごし、背景に喜びも、怒りも、悲しみも、嫉妬も抱えたひとりの人間なのだ、という監督の強烈なメッセージをそこに感じるのです。

ラサにいったことのある方も、これから行ってみたいと思っている方にも、是非見ていただきたい映画です。そんな「生身のチベット」を感じていただきたいと思います。

『巡礼の約束』公式ページ

<主演俳優ヨンジョンジャさんについて>

ところで、話はやや脇道に逸れますが、この映画の主演俳優の名前はヨンジョンジャさんと言います。

プロフィールには「1969年生まれ、世界的に知られるチベット人歌手」となっていますが、最初に読んだときは「ん?誰?」。しかし、よくよくプロフィールを見ると漢字名は容中爾甲(容中尔甲:ロンジョンアルジャ)。出身は四川省のギャロン地方で、代表曲は『高原紅』。「あー! あの人だ!」。すぐにピンときました。

『高原紅』は、私がチベットに駐在していた2000年代の前半ごろ、チベット・ラサのみならず、中国全土で大ヒットした曲で、当時ラサのCD(VCD)ショップに行けば必ず目にし、耳にしました。チベット旅行中、車の中で「ガーオユエンホーン(高原红)、メイリダガーオユエンホーン(美丽的高原红)♪」という歌声がヘビロテしていたという方も多いのでは? 「中国の紅白」的な歌番組に出たり、チベット族の女性アイドルユニットをプロデュースしたりとかなりの活躍をみせていました。私は勝手に「チベットのつんく♂」と名付けていました。

当時は口ヒゲを生やし、ウェーブの掛かったロン毛でチベットの民族衣装の「チュパ」を着ていたので、映画の中の「田舎の朴訥なおっちゃん」の姿に、まったく当時の面影はありませんでした。しかし、あれからすでに20年近くの年月が流れていることを考えるとそれも仕方ないですね。自分自身の見た目も大分変わりました(苦笑)。

2000年代にチベットへ行った方は、この映画を見れば、当時のことを思い出して、ノスタルジーを感じるかもしれません。

ちなみに、ヨンジョンジャ(容中爾甲)の故郷であり、この映画の出発点であるギャロンといえば聖山・四姑娘山(スークーニャン:映画でも何度かその地名が出てくる)が有名で、風の旅行社でも、馬で絶景を楽しむツアーを設定しています。ご興味があればご参加下さい。

チベット人ガイド同行 ギャロン地方を馬で行く

四姑娘山 ホーストレッキング5日間

出発日設定2020/06/05(金)~2020/10/16(金)
ご旅行代金278,000円~299,000円
出発地東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

チベット人ガイド同行 二泊三日の絶景ホーストレッキングへ

四姑娘山 騎馬トレックキャラバン7日間

出発日設定2020/04/25(土)~2020/09/19(土)
ご旅行代金328,000円~354,000円
出発地東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

チベットの文化や宗教について興味のある方はこちらにも注目です。

開講日
2020/03/15(日)
参加費3,300円

詳細を見る