お客様アンケート「いってきました」とはご旅行アンケートの一部項目を、評価の良否に関わらず公開しています。
おかえりなさい とは弊社代表取締役 原 優二 が書いております。 詳しくはこちら

「たまりすく会」ルーマニア 中世の街並みと要塞教会を巡る8日間

出発日:2019.09.04

評価:

長く歩くこと、のぼりおり等々心配しましたが歩き通せました。(久しぶりに山歩き気分になれた。)

ルーマニア トランシルバニア地方ホーストレッキング10日間

出発日:2019.07.26

評価:

乗馬がメインの目的ならばそちらの専門店をおすすめします。
初のルーマニアはすばらしいところでした。落馬さえなければ・・・落馬により連日ゲストハウスで安静にしつつ滞在を楽しみました。
乗馬のオリエンテーションのあたりから不安があったのになぁと後悔です。乗馬トレッキングのレベルの理解には問題がありました。
ゲストハウスのEquusSilvaniaもすばらしいところでした。
食事は2度と同じものが出ない充実ぶり。スープ、メイン、デザートと楽しむことが出来ました。庭で採れたトマトやブロッコリーなどのお野菜、民族料理のママリーガ(ポレンタ)サルマーレ(ロールキャベツ)も食べられておいしかったです。
沢山の馬、イヌ、ネコに始まりアヒルや牛と遊んだり、Romaの人がマッシュルームやブルーベリーを収穫して売りに来たり(ゲストハウス用に)ドイツからの滞在の家族とも触れ合うことが出来たりと満足な滞在でした。
最終日はメンバーが揃ってわいわいと外でバーベキューを楽しみました。
Viscri村にもタクシーをチャーターして乗馬キャラバン仲間と会ってお昼と要塞教会見学、村の散策など楽しむことが出来ました。
ちょっと憂いを感じるトランシルバニアブルーの家々や村の風景も良かったです。
最終日は現地のエージェントのご好意でブラン城の観光をプラスしていただきました。(大人気、激混み。でも日本人には合わなかった)
田舎の景色もすばらしくまた馬なしでも行きたいところ。
途中かなりの渋滞がありインフラはまだまだと感じました。
気温は思ったより高く、嵐のような雨もありましたが長袖多めは失敗でした。ブカレストは暑いとの情報はいただいたのですが。
現地にもう少し詳しくシンカノウア村の気候について聞いておけばよかった。ただし移動の飛行機の中、ターミナルはかなり寒かった。
センターベースで連日乗馬を楽しめた落馬しなかった友人はかなり腕を上げたのでは・・・と思います。(落馬組みはひたすら安静)
キャラバンでなければレベルや体調に合わせて楽しめる馬のいるステキなゲストハウスでした。

おかえりなさい!

乗馬の内容に関して見直しが必要です。ご指摘、ありがとうございます。

ルーマニア マラムレシュ地方の小さな村々と木造教会を巡る8日間

出発日:2019.09.06

評価:

度々こちらのツアーに参加していますが、どこに行っても現地のガイドさんとドライバーさんが優秀で良い人であることに驚いております。今回のツアーは「ヨーロッパの田舎の風景」を楽しむことが一つのテーマでもあり、一面に広がる牧草地や素朴な家々を楽しむことができました。移動途中でも安全なところで車を停めて写真を撮ったり少し歩いたりする時間を持ってくださったのがとても嬉しかったです。
刺繍やその土地の民族衣装に触れる(着せていただきました)ことができるのも風の旅行社さんならではの面白い企画だと思いました。

ルーマニア トランシルバニア地方ホーストレッキング10日間

出発日:2019/07/26

評価:

いつも珍しい旅をご提供いただいて、楽しめています。また、利用させていただきたいです。 今回も非常に楽しく過ごせました。ただし、乗馬レベルの記載は今回に限ってはもう少し注意が必要と感じました。 個別に走り出すギャロップがあったこと、馬装含め、自身で乗馬装備があること、一部では障害ジャンプする箇所もあること等。当初のイメージよりハイレベルなスキルが必要でした。

おかえりなさい!

国によってレベルの解釈が違い、弊社の確認が不十分でした。見直しを図ります。

【現地発着】ブルガリアで乗馬9日間

出発日:2016.04.29

評価:

ブルガリアといえばヨーグルトと琴欧洲位しか思いつきませんでしたが、HPにある緑豊かで開放感のある山の写真に一目ぼれ、こんなところを馬で巡れるなんて!と即日申込しました。到着してからの印象は想像していた通りでした。丘陵の明るい緑、てっぺんに残雪被った山々、ふもとに時折現れる街並み、のんびりとした風景の中にも農作物の自然の恵みの豊富さをいたるところに感じる。林、森林を抜け、丘陵と地形が変わる中、そんな自然の心地よさを体いっぱいに感じながら、馬と一緒にのんびりと、時には軽快に駆ける時間を過ごしました。
乗馬クラブのオーナーの陽気な鼻歌で明るく元気な時間を過ごし、クールな息子さんの安全に配慮した引率に安心・信頼感一杯で乗馬を楽しみ、女性スタッフさんの完璧なスケジュール管理とおもてなしで快適に過ごすことができました。乗馬以外にもブルガリアの観光地巡りの時間もたっぷりあり、特にリラの7湖観光のハイキングは期待以上で存分に楽しみました。瓦礫まみれの荒れ地をジープで移動、残雪で道なき道を半登山、氷結+積雪で水たまり程度しか顔を見せてくれない湖を何とか見つけ、尾根まで岩をよじ登り、一段上の視界から自然に残した自分の足跡の小ささを見つけ、最期は雪の上をスケートのように滑り降り・・・と観光よりは道中楽しみました!きっと季節ごとに違った楽しみに出会える場所だと思います。
宿泊場所は大きなホテルの快適さとは違いますが、暖炉の火が暖かなレストランのある別荘風の宿でのんびりと、1棟丸ごと貸し切りのゲストハウスでは家族と一軒家に住んでいるかのように、ゆっくりと過ごせました。食事は毎回お皿一杯のサラダとチーズとジャガイモと、時には大きなステーキとおいしいケーキ、どれも日本人好みの味付けですっかり旅行太りです。
ブルガリアでは偶然一人のアジア人に会った以外は、空港ですら日本人には会いませんでした。是非多くの日本の皆さんにも東欧の緑豊かな国ブルガリアの自然と食べ物を満喫していただきたいと思います!

風の旅行社の皆さま、プルガリア現地の皆さま、今回こんな素敵な旅行に行かせていただき本当にありがとうございます。どの国にも共通なこと、違うことそれぞれありますが、観光客を迎え入れてくれる人たちの暖かさとおもてなしはどこも同じと感じます。
ありがとうございました。