お客様アンケート「いってきました」とはご旅行アンケートの一部項目を、評価の良否に関わらず公開しています。
おかえりなさい とは弊社代表取締役 原 優二 が書いております。 詳しくはこちら

テーマ別

風カルチャークラブ

バードウォッチング

登山・トレッキング

乗馬ツアー

女子企画

サッカー交流

スタディツアー

自転車の旅

お祭

ハネムーン

クルーズ

ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間

出発日:2018.06.18

評価:

6月はまだ暑さは大丈夫かなと高を括っていましたが、かなり暑かったです(特にブラハ)。(ガイドの)Aさんの判断で12~15時までは外出せず、ホテルで休憩又は移動に当てるなどし、負担のないよう観光出来たのが良かったです。
今回の旅行のサマルカンドはただただ感動しました。分かりやすいガイドもあり、見るだけでなく理解も深まり、自分にとって特別な思い出の場所になりました。

ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間

出発日:2018.06.18

評価:

三日目の夜中~朝にかけて、下痢になってしまいました。普段はほとんど日に当たらないので、暑さと旅の疲れが原因だと思います。ガイドのAさんが、ホテルにおかゆを頼んでくださったり、四日目、五日目のスケジュールを調整して下さったため、最後まで旅行を楽しむ事ができました。
 今まで、個人旅行派だったのでガイドさんとずっと一緒というのがどうなのかな?と思っていたのですが、Aさんのおかげで、ウズベキスタンの歴史、文化、人々の暮らしを密度濃く体感することができて忘れられない旅となりました。ありがとうございました。

古代遺跡アヤズ・カラも訪れる ウズベキスタン オリエンタル紀行9日間

出発日:2018.04.27

評価:

3度目のウズベキなのですが、2年半ぶりに行くとまるで違う国でした。首相が変わられたそうで、「観光」にものすごく力を入れているのがわかりました。空港からして明るく、観光地はどこも整備されていてびっくりです。何よりも入国審査の方々がにこやかに対応してくださったのが本当にびっくりでした。この国に来て初めて日本語で「ようこそ」と言われましたよ!これから、増々観光化がすすむのかな~と思うと嬉しいような、少し寂しいような気がしました。
 「多民族国家」というのは頭ではわかっていたのですが、ガイドさんの家族写真を見せて頂いてびっくりしました。同じ両親から生まれているのに、兄弟で似てないどころか人種が違う!改めて、多民族国家というものを感じました。
 結構環境的にも体力的にも色々と大変なので、今回が最後かな~と思っていたのですが、変化していくウズベキをこの先も見てみたいという欲求があります。
多民族国家で、言語・政治と様々に変化していく歴史を懐深く、したたかに呑み込んでいく彼らがとても好きです。私達もそのたくましさを学ばなくてはと思いました。今回はずっと風も強くて旅のテーマは、「風の多民族国家」になりました。

このアンケートに一時保存機能を付けて欲しいです。記入したいことがいっぱいあって、一度では仕上がりません。是非、ご検討を!

おかえりなさい!

現在、ホームページの刷新に取り組んでいます。

ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間

出発日:2018.03.12

評価:

参加人数が少ないだけ、要望も言えましたし、いろんな事に対応して下さいまして満喫できました。

ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間

出発日:2018.03.12

評価:

すごく丁寧でよかった。
値段が安ければ、いろいろリピートしたいと思う。

ウズベキスタン歴史ハイライト16日間

出発日:2017.10.11

評価:

2名のみのツアーのため、素敵なプチホテルに宿泊したり、ゆっくり見たい所やお茶の時間を楽しんだりと我儘を叶えて頂けました。個人旅行に協力サポートがついたような快適な旅が出来、リラックスできました。

ウズベキスタンは英語表記が殆ど無く、移動交通手段も若干難しい面がありましたが、ガイドさんやドライバーさんがいることで快適かつスムーズな旅が楽しめました。特にガイドのニギナさんが非常に優秀で、歴史や習慣についても流暢な質問で答えてくださり、急なリクエストにも臨機応変に対応してくださり大変ありがたかったです。

ウズベキスタン3つのバザールと手工芸にふれる9日間

出発日:2017.04.07

評価:

大変楽しく思い出に残る旅行になりました。ありがとうございました。

2人だけの旅ということで観光の時間や食事など本当に自由にさせていただきまして、よりよい旅をすごすことができました。
現地ガイドのAさんからもウズベキスタンの人々の生活や思いも少しは知ることができ、民家での夕食もその家族の方のおもてなしと温かさと家庭料理のおいしさに満たされ、とてもいい時間がもてました。ありがとうございました。

ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間

出発日:2016.10.07

評価:

KAZEが大切にしている、現地の人達との交流を、私達は大変苦手にしているのですが、今回は(ガイドの)Aさんが橋渡しをして下さり、ありがたかったです。

KAZEの旅も4回目で、私なりに日本の折紙を持っていき、作ってみるなどしてみました。(旅行の準備より、こっちの準備の方が時間がかかります・・・。チェキを用意したり、お土産を考えたり、持って行くオモチャを考えたり、4回目なのに慣れません。KAZEの理念にあっていないのかもしれませんが、今さら他社では旅できない気もします。)

ウズベキスタンは、憧れの国だったので、感動の一言につきます。全て良い思い出です。

イスラム国は3ヶ国目ですが、食事が大変です。(油と肉ばかり)帰国後に体調を崩しました。また、いつも以上に気をつけていたのに、アレルギーが出てしまい、怖い思いをしました。民家訪問は何が提供されるか選べないので、アレルギー体質の人は向かないのかもしれません。

いつもお世話になっております。毎年忘れる事のできない旅が出来るのもKAZEの皆様のおかげです。シャイな日本人のために、民家訪問のひかえめなプランもよろしくお願いします。←切実

おかえりなさい!

交流って苦手な人もいますよね。無理なさらずに自然体で結構かと思います。大切なことは、現地に行って空間をともにすること。それをゆっくり楽しんでください。

青の都サマルカンドの手しごと・ふれあいと町歩き6日間

出発日:2016.02.26

評価:

ウルグットバザールでのスザニ刺繍の売り子さんの勢いには圧倒されましたが、今では濃くその印象が残っており、よい思い出です。今回の滞在はサマルカンドをゆっくり回るプランだったので、レギスタン広場、シャーヒズィンダ廟などの建物をじっくり見ることかでき、また、いろんな家庭の料理をその家族と触れ合いながら、ゆっくり味わうことが出来ました。今回の旅で、ウズベキスタンの魅力を知り、やり残したこともある気がして、もう一度訪れてみたいなぁと思っています。

タシケントの滞在も短く、ほとんどサマルカンドでしたが、サマルカンドで、ちょっと時間があまった感じがありました。今回、ヒブァ、ブハラも回るプランとも迷っていたんですが、そのプランは移動時間が長かったのと、今回のプランのホームステイに惹かれたのもあって、タシケント、サマルカンドのプランにしましたが、もう少しプランを詰めて、ブハラまで回れたら、ホームステイで家族とも触れ合えて、いろんなところも見られてよりよいプランだったかなぁと思います。なかなか行けることも少ないので、時間が余る感じならもう少し足を延ばしたかったというのは感じました。

青の都サマルカンドの手しごと・ふれあいと町歩き6日間

出発日:2016.02.26

評価:

とっても楽しい旅でした!!本当に思い出深い1週間でした!
ホームステイも楽しかったですが、スザニを作っている御家庭での昼食もとても楽しく、中庭でのナン作りも解放感があって良かったです。レギスタンなどの名所も圧巻の綺麗さで、本当にガイドブックの世界に来れたんだと嬉しかったです。

素敵なプランだったのですが、もしプランを自分好みにアレンジできるなら、フリープランの時間をなくしてブハラに行きたかったです。英語が本当に通じない人が多いため、個人で動くには限界があるのかなと思います。

ウズベキスタン オリエンタル紀行7日間 

出発日:2015.12.27

評価:

①尋ねる町が決まっていたので、町の地図があれば、そぞろ歩きができたと思います。また、自由行動の時間ももう少しあればよかったです。
②出発前に、お金のことや寒さなど詳しいことを教えていただたことが大変参考になりました。こんなに詳しく教えていただいたのは初めてですが、今 回だけですか?それとも事前確認で始まったサービスでしょうか?とにかく不安がなくなりよかったです。
③旅行日数を多くして民泊や民家訪問など、現地の方と交流する機会がもっとあればよかったです。ウズベキスタンのことを知るために、民族舞踊や歌の公園もしっかり日程に入れて欲しい。

ウズベキスタン オリエンタル紀行7日間 

出発日:2015.12.27

評価:

5日目夕食は民家で。ということでお土産などを用意していったが、家族との交流は無く、民家風レストラン、と言う印象を受け、結局お土産は渡さずに持って帰って来てしまった。他の方も同じようなことを言っていた。ちょっと残念。

おかえりなさい!

現地に確認したところ、言い訳になってしまいますが、この民家の住人が当日具合が悪くなり救急車で運ばれたとのことでした。その結果、交流ができず、イメージとだいぶ違ってしまったこと申し訳ございません。